2010年03月19日

岡田外相「佐藤元首相、沖縄欺いた」(産経新聞)

 岡田克也外相は15日の参院予算委員会で、沖縄返還に際し、当時の佐藤栄作首相がニクソン米大統領との間で有事の核再持ち込みの合意文書を交わしていたことについて「佐藤首相がさまざまな制約条件の中でそうせざるを得なかった面があることも事実だが、核抜き(返還)と言った以上、結果的に沖縄の人たちを欺くことになったという言い方もできる」と述べた。社民党の山内徳信氏の質問に答えた。

<皇太子さま>ガーナとケニアから帰国 愛子さま姿見せず(毎日新聞)
携帯サイトに書き込まれた動機に「こんなくだらないことで…」怒る被害者 秋葉原殺傷(産経新聞)
「捕鯨容認」新たな動き IWC(産経新聞)
<普天間移設>与勝沖に人工島案 政府内で検討(毎日新聞)
偽造乗車駅証明で何回もキセル…コンビニ経営者(読売新聞)
posted by onkqv6mins at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

就活webテスト「替え玉」横行 でも面接官の目はごまかせない?(J-CASTニュース)

 就活中の大学生が選考過程でwebテストを受ける際、「替え玉」を使っている人がいるらしい。最近では上智大学の学生がブログで「不正」を告白する騒ぎがあったばかり。専門家は、採用時の面接重視を踏まえた上で、「プロの面接官であれば、どんな人物かを見分けていく」とも指摘する。

 朝日新聞の投書欄「声」には、「webテスト不正 横行絶て」と題した記事が2010年3月8日に掲載された。投稿者は就活中の大学3年生だ。今は志望企業へ応募書類を送る毎日だが、企業によってはwebテストを課すところがある。webテストとは、言語や計数の能力を問うテスト、本人の性格を見る検査で構成される適性検査のことだ。

■数学は理系の学生に、英語は留学経験者に

 投書の中で「この試験には大きな弊害を伴っています」と指摘している。インターネットが整った環境であれば、どこでも受験できる試験もあるからだ。そのため、大学のパソコン室では1台のパソコン画面を数人が取り囲み、受験者を手伝っている光景を目にしたこともあると明かしている。

 数学は理系の学生に、英語は留学経験者に任せるという具合だった。ほかにも、親が代わりに答え、内定が出たという話も聞いたらしい。こうした不正を絶つために工夫するか、いっそのことやめた方がいいのではないか、と提案している。

 同様の話はつい最近も、上智大学学生がブログで告白し、「炎上」したばかりだ。この人の場合は「計数」が苦手で、いくつか友人に助けてもらった。試験に落とされてしまったら、面接にすら進むことができないので、「話」にならないという危機感があったようだ。もっともその後、ネット掲示板「2ちゃんねる」でも騒ぎになり、コメント欄には書き込みが殺到、ブログは閉鎖された。

 いずれにしても、こうした話はよくあるのだろうか――。

■一貫性感じられなければ面接官はどんどん突っ込んでくる

 就活総合研究所およびヴィベアータ代表で、人事コンサルタントの新田龍さんは「環境さえ整えば受験できるので、いることはいると思います。でも、多いかどうかはわからない」と話す。一方、就活中だという早稲田大学3年生は「話にはよく聞くが、実際に受験したという人は知らない。替え玉するほどの試験ではないとも思う」といい、上智大学4年生は「そんなこと思いつかなかったよ」と驚いている。

 webテストの目的は、何万人もの志望者からの絞り込みにある。だが、新田さんはこう続ける。

  「webテストだけが選考ではありません。場合によっては別の筆記試験がさらにあり、面接へと続くわけです。webテストではいわゆる言語・非言語テストと性格診断のテストを行います。面接の場で重視されるのが性格診断のテスト。これをもとにして、学生の志向性や考え方を見ていきます」

 その際、面接官は矛盾点がないかを確認し、自社にあう人物かを見極めていく。

  「適性試験によって得られた成績や性格に一貫性が感じられなければ、面接官はどんどん突っ込んでいきます。プロの面接官であれば、どんな人物かをある程度、見分けることができると思います。ずれがある人は結局、その後の過程ではじかれていくわけです」


■関連記事
就活生惑わす「ブラック企業」情報 火のないところに煙はたたないのか : 2010/02/23
「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ : 2010/01/24
就職説明会に親「同伴」 「二人三脚」のイマドキ就活事情 : 2009/03/14
就活生・自己啓発好きに警鐘 文春の注目記事とは : 2010/02/25
鬼太郎の新しい挑戦始まる 「妖怪だるま」で地方活性化 : 2010/03/08

日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)
資金不正流用 ローソン子会社元幹部2人を告訴(産経新聞)
青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票(産経新聞)
B型肝炎訴訟で全国初の和解勧告…札幌地裁(読売新聞)
鳩山首相「弟は弟だ」 連携の考えなし(産経新聞)
posted by onkqv6mins at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)

 鳩山邦夫・元総務相が自民党を離党したことに、自民党執行部は沈静化に躍起だ。

 大島幹事長は15日の記者会見で、「もっとも大事なことは一致団結して参院選に勝つことだ」と強調。その上で、「(自民党の)先生方は落ち着いて判断すると信じている」と語り、邦夫氏に追随する動きは少ないとの見方を示した。党内では「母親からの資金提供問題で邦夫さんは総務相当時のような輝きはない」との意見は少なくない。

 もっとも、今月に入り、与謝野馨・元財務相が新党結成を視野に谷垣総裁の辞任を求めて以来、自民党内は、党の現状を憂え、執行部の刷新など改革を求める意見が噴き出している。世論の民主党離れが進むのに、その受け皿に自民党がなりきれていないという危機感からだ。

 しかし、自民党の混乱ぶりについて、ベテラン議員からは「『内輪もめ』と受け止められ、結果的に自民党の支持が落ちる、という悪循環」と嘆く声も出ている。

 中堅・若手で要望が強いのは、大島幹事長ら執行部の刷新だ。ただ、参院選の候補者調整は終わっておらず、参院選の公約づくりもこれからだ。谷垣氏とすれば、執行部一新は受け入れがたい話だ。谷垣氏が13日に参院選で敗北した場合に総裁を辞任する意向を表明したのは、執行部刷新の要求をかわす狙いもあるが、党内を納得させるには不十分との見方も出ている。

 政府・与党は冷ややかだ。菅財務相は15日の記者会見で、邦夫氏が新進党、旧民主党などの入・離党を繰り返してきたことを念頭に、「コメントするのは控えたいが、あえて一言言えば、(邦夫氏は)何回目の離党だったのかなと、こんな感じもする」と皮肉を込めて語った。

鳩山元総務相が自民離党(時事通信)
愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台(毎日新聞)
<大阪大空襲65年>通天閣で犠牲者追悼のコンサート(毎日新聞)
posted by onkqv6mins at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。